スキルアップしよう!

スキルアップしよう!
PADI ダイビングシステム・フローチャート

画像の説明


体験ダイビング(DSD)

本格的に始める前にとりあえず一度試してみたい!
 一度はダイビングをしてみたい。海の中をのぞいてみたい。でも、自分にできるかちょっぴり不安。本格的に始める前にとりあえず一度試してみたいと考えている人のためのコースが、このダイビングお試しプログラム「ディスカバー・スクーバ・ダイビング」です。

 プールや海況が安定した海で、水深6メートルまでのスクーバ・ダイビングを体験します。最初にビデオやフリップチャートで簡単な説明を受けるだけのお手軽さ。

 担当するPADIインストラクターが、ダイビングの基本的なルールや注意点、器材の使い方、水中の楽しみ方などをご説明します。ビデオを見ながら予習する場合もあります。そして実際に器材をつけて水中へトライ。初めての水中にドキドキするでしょうが、PADIインストラクターが常に一緒なので大丈夫です。>>お問合せ


オープン・ウォーター・ダイバー(OWD)

ダイバーになりたいと思ったらこのコース!
 このコースを修了するとダイバーとして最初のパスポート(Cカード)が取得できます。そしてダイバートレーニングの経験の範囲内で、バディと一緒に潜水計画を立てバディシステムと地域のルールを守りながらダイビングできるようになります。

また、アドヴァンスド・オープンウォーター・ダイバーコースや色々なスペシャリティ・ダイバーコースに参加できるようになります。>>オープンウォーターダイバーコース


アドヴァンスド・オープンウォーター・ダイバー(AOW)

画像の説明

スキルアップでダイビングの楽しみが広がる!
もっと深く潜ってみたい!水の中を自由に泳ぎ回りたい!そんな方はこのコースがおすすめです。ディープダイビング、水中ナビゲーションダイブなど5種類のアドヴェンチャーダイビングの経験を通じて行動範囲を広げることにより、スキルアップでダイビングの楽しみが増えます。

  • 参加条件:オープン・ウォーター・ダイバー
  • 講習日数:2日間
  • 講習ダイブ数:5ダイブ
         ※ディープダイブ・水中ナビゲーションダイブを含む5種類のダイビング


PADIスペシャリティー(SP)・ダイバーコース

SP講習で遊びのコツを磨く!
ダイビングの楽しみのスタイルは実にさまざま。デジカメでもっと上手にに写真を撮りたい!18mより深い所を安全に探検したい!など、さらに上達し、ダイビングの世界を広げたい方には、さまざまなスペシャリティダイビングコースを用意しています。

  • SPコース:AWARE魚の見分け方/水中ナビゲーター/ディープダイバー
    ナイトダイバー/AWAREサンゴ礁の保護/機材/ドライスーツダイバー
    マルチレベルダイバー/佐渡コブダイSP/水中デジカメ/ナチュラリスト


エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR

日常での緊急時における救急法を身につける!
生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア/CPR)と、即座に生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア/ファーストエイド)について、知識開発とスキル開発、現実的なシナリオ練習を通じて、万が一の際の対処法を学びます。最新の医学的な基盤に基づいた信頼性の高いプログラムで、世界中のさまざまな機関から承認されています。

レスキュー・ダイバー(RED)

トラブルを未然に防ぐ方法をマスターします!
海という大自然を相手に遊ぶダイビングでは、ときとして予想外のアクシデントに遭遇する場合があります。PADIレスキュー・ダイバーコースはさまざまなテクニックでダイビングの緊急事態を予防・回避し、必要な場合にはそれに対処できるように準備するコースです。このコースを受講することにより、安全意識が高まるのはもちろん、ダイバーとして大きな自信をつけることができます。

  • 参加条件:AOWダイバー、他団体のAOW相当のCカード保持者
  • 講習日数:3日間
  • 講習内容:学科講習+5ダイブ

マスター・スクーバ・ダイバー(MSD)

遊びのステージが誰よりも豊富!
さまざまなダイビング環境でテクニックを磨き、相当な経験を積んだダイバーのこと。このレベルは専用のコースがあるのではなく、そのダイバーの豊富な経験を表彰するもので、アマチュアダイバーの最高峰に輝くランクです。

  • 認定条件:①PADIアドヴァンスド・オープンウォーター・ダイバー
         ②PADIレスキュー・ダイバー
         ③5種類以上のSPコース認定ダイバー
         ④ログブックで確認できる50ダイブ以上のダイビング経験者