質問

お悩み解決!Q&A

ダイビングを始める前の漠然とした不安や疑問もこれでスッキリ。
自信をもってダイビングを始めましょう。

Q-01:一人なんですけど、ダイビングはできますか?

  • 初心者に優しい・親切・丁寧な指導がモットーだから一人でも大丈夫です!
    ぜひ気軽にご来店いただきスタッフに声をかけてください。

Q-02:講習日程の相談にのってくれますか?

  • 平日が休み・または休みがまとめて取れない!
    こんな悩みもスタッフにご相談ください。 きっといい解決方法が見つかります。

Q-03:ダイビング講習案内の資料が欲しい。

  • 資料請求はお問い合わせフォームから、又は電話のどちらからでも出来ます。
    講習案内やPADIのパンフレットを郵送いたします。
    皆様のお問い合わせをお待ち致しております。>>お問合せ

Q-04:ダイビング講習講習を申し込むのはチョット心配です。

  • 簡単なプールでのダイビング体験や海での体験ダイビングがあります。
    試してみてからダイビング講習をお申し込みください。

Q-05:機材は買わないといけない?レンタルでもいいですか。

  • ダイビングを続けられるか迷っているならレンタルも賢明ですが、ダイビングは機材に多くを依存するレジャーです。そのため自分にぴったりあった機材を使うことはスキルを磨くうえで、ストレスなく集中できるというメリットがあります。

Q-05:プール講習はどんな所でやるの?

画像の説明
  • 一般的なショップでは限定水域(プールと同じような穏やかな海の浅瀬)で行っています。とはいっても海には波があったり、海が濁っていたり、海底が平らでなかったりと講習に集中できない要因も多々あります。

    ビッグフィンでは所有しているダイビング専用プールで実技講習を行います。プールだから何度でも納得のいくまで練習することができ、海洋実習に行く前に基本的スキルをマスターできるので海洋実習が楽しく実施できます。

Q-06:ショップによってスクールの費用が違うのはなぜ?

  • 受講費用の「内訳」がショップによって千差万別だからです。たとえば海での講習にともなう交通費が含まれているか否かで費用は大きく変わります。そのため、トータルの費用とその内訳を確認することが大切です。また費用は一つの目安にとどめておくべきです。費用だけではショップの良しあしは判断できないからです。

Q-07:最初に揃えた方がいい器材はなに?

  • 7点セットと呼ばれているマスク、フィン、スノーケル、スーツ、ブーツ、グローブ、メッシュバッグはぜひ揃えましょう。BCDやレギュレータなどの重器材も早めに揃えた方がベターです。自分に合った器材を揃えて使用する事はダイビング上達につながりますし、よりダイビングが楽しむ事ができます。

Q-08:海洋実習はどんな所でやるの?

  • 海洋実習はおもに親不知で行っています。プールでダイビングスキルは身につけているので、海洋実習では楽しみながらプールで練習した事を試してみましょう。そのほか、佐渡や伊豆・大瀬崎で行うこともあります。

Q-09:Cカードってなんですか?

  • Cカードの正式名称はCertification Card、つまり認定証のことです。「ダイビングに必要な知識と技術を取得した。」ということを証明するもので、このCカードを持っていないとダイビングができません。

Q-10:Cカード取得までに何日かかるの?

  • 学科講習(0.5日)+プール講習(1日)+海洋実習(2日)
    画像の説明
  • 学科講習は事前に教材を入手しマニアル・DVD等の教材を使い予習をお願い致します。その後ビッグフィンで海の話など織り交ぜながら、ダイビングに必要な知識をレクチャーします。
  • プール講習はビッグフィン専用講習プールで行います。プール講習の内容はDVD教材にあるので事前にプールで行うスキルを知ることが出来るのでストレスが少なくて済みます。
  • 海洋実習はプールでマスターしたスキルを実際の海で試してみるコースです。早く済ませて余った時間を使いお魚を見たりして水中散歩を楽しみましょう。

Q-11:なんでも聞いて!

  • 皆様の疑問・質問にお答えします。電話またはメールでのお問い合わせはせは次をクリックして送信してください>>お問合せ